2015/09/20

F103:HPI風味のできた

ノーマル風味からHPI風味へ、そしてまた若干離れた雰囲気で完成です。
ステアリングは今っぽくクランク式にしました(通常方式にもなります)。親指サイズのESCと受信機に合わせてミニサーボを載せています。
クランク式ステアリングを採用した影響でHPI風味が減っちゃいましたが、自己満足度はいつも通り。ひと作業ごとに味わう達成感は自作の醍醐味ですね。
この状態から、お目当てのボディに合わせてパーツを換えていきます。




フロントウイングから、フロントバンパーに交換。
イメチェンし過ぎな形状が悩みどころ...どうしようかな。これ。
リアウイングは仮です。

リアボディマウントを内側に移動。純正のマウント位置だと絶妙にダメなんです。
マウントはアッパーデッキ下に固定したカイダック板の上に載っています。

次はボディです!

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...