2018/12/02

F103、タミヤCカー:かんたん200mmDDツーリング


その昔、F103GTを200mm幅ツーリングにして遊んでたな~
と、タミヤのTS050を見て思い出しました。

タミヤの2ピースホイールを加工したり、フロントのアクスルを長いのに変えたりして。
今なら、もっと簡単にF103を200mmツーリングカーにできないかな?
でも、F103GTベースはちょっと面倒くさかったので、もう加工はしたくない。
あと、やっぱりスポンジタイヤを使いたい。ついでに高いパーツとか、絶版パーツは避けたい。

と、自らを縛り上げながら考える...この間が一番楽しい♪
(Mではないです)

そこで白羽の矢が立った(生贄になった?)のが、ZENの超大径ホイール。
ホビーフィールドKUHでのF1イベントで見せて頂いた、確実に性能UPする系のアイテム。
コレにF103用のスポンジタイヤを履かせたら、簡単に大径になるんじゃないかと。
当たり前ですけど、F103にはポン付けですし。

で、履かせてみました。タイヤはお気に入りのZENのOMEGA(オメガ)です。
そんなに肉が厚いタイヤではありませんが、フロント:63mm、リア:64mmの直径になりました。
ウチにあるタミヤCカー版NSXのリアが、現状、実測で65mmなので、なかなか良さげな感じです。
F103LMに取り付けるとこんな感じです。タイヤ&ホイールを交換をしただけ。

F103用のアイテムですが、今回は昔組んだCカーシャーシ(トップ画像の。リアがごっそりF103です)で遊ぶ予定です。
古めのレーシングカーボディとか似合いそうですし。
あと、ZENの超大径ホイールありきのネタなので、モーターマウントもZEN製にしてみました。

タイヤ径が大きいので、車高が高くなりますが、今回は車高よりタイヤの肉厚が欲しいので、これでOKっす!
(フロントの車高が気になったら、こっちのF103LMを使うかも)
タイヤが減って自分的に「らしく」見えなくなっても、まだまだF1やルマンで使えるので、けっこう経済的かもしれません。

さぁ、ボディを塗らなくてはー



※このブログ、IEだとバージョンによっては画像が上手く表示されないんですね。最近気づきました。
使っているBloggerの仕様らしいので、そのうち修正されることを祈ります。
(自分でも修正できるんですけど、記事数的に大変なんです)