2018/01/07

TT-02:はじめてのTT

あけましておめでとうございます!
本年もよろしくお願いいたします。

早いもので、もう平成30年。年々、一年が短くなっていく気がしますが、今年もいろいろ遊びたいと思います。

今年の目標はズバリ、


ブログの更新を頑張る!


です。 ハードル低っ。

で、昨年のイベントの熱が冷めやらず、TT-02を始めます♪

買うまでに、TT-02 Type-Sがいいんじゃない? いや、その価格帯ならアソシのAPEXもアリでしょ? だってアソシだよ!
と、魔が差しそうになりましたが、

「いろいろなボディで気楽に遊ぶ」

という遊び方をしたいので、無印のTT-02にしました。簡単にホイールベースが変えられるメリットは大きいっす。
あとは何てったって、ボディ、ステッカー、タイヤ、ホイール、モーター込みで、あのお値段ですから。


箱の中身。
けっこうギュウギュウ。ボディには最初からボディマウント用の穴が開いていました。

ラリー車だからか、AWグリスが付属(ギアボックスの防塵用!)してます。ちょっと得した気分♪
あと、ピニオンが小さく、オンロード用TT-02のギア比が8.27:1のところ、デルタでは9.58:1となっていました。




金属と一緒に整形された樹脂部品たち。
昔、けっこう驚きましたね。今見ても、おおっ!っとなります。
プロペラシャフトまで樹脂ですもんね。




デフの具。
十字の棒まで樹脂!もちろんギアの樹脂!もう徹底的に樹脂推しですね。



迷うような所もなく、テレビを見ながらサクサクと組めました。
たぶんダートは走らないので、とりあえず車高は低い方で組んでます。

ダンパーは、ダンパーとは名乗るものの減衰しないので、単なるスプリングガイドですね。
オプションはとりあえずベアリングのみ投入しました。



迷いはしなかったものの、一瞬、「組み直しかっ!」とビビった箱絵にあるシャフトドライブのロゴ。


駆動は軽いですし、パっと見は黒い樹脂でも、パーツによって素材を使い分けてるあたりに、ちょっと期待を寄せてしまいます。

あとはメカ積みと、ボディ塗装です。
(この辺はいつも通り時間がかかります...)

昔レースで使っていたアソシのTC4FTと。

思えば、真ん中にシャフトが通ったツーリングカーはTC4FT以来でした。

自分自身、はじめてのTTシリーズなので、どう遊ばせてくれるか楽しみです♪


※キングピンのビスを、迷いなく間違ってました。