2015/07/26

M05:ミニのカドには穴が開く

一生懸命ふんばった挙句にコケちゃうミニ。とても愛らしい。でも、ボディが削れちゃうんですよね。
 
特に屋根のカド。

ボディのカドを補修したい、これから塗るボディのカドを保護したいという事で、今回の工作です。


おゆまる登場!

ダイソーで買いました。もちろん100円。意外にも日本製。
これで型取りをします。子供の頃は型取りに高価なシリコンを使っていましたが、最近は便利になりましたねぇ。

 おゆまる2袋分を温めて、軟らかくし、型取りしたい部分に盛ります。
その後、急いでたので冷凍庫で冷却。







おゆまるをボディから剥がして、ポリパテを盛っていきます。
ポリパテは少量でも売ってるタミヤ製。

ポリパテをおゆまるから剥がして整形して、これを型とします。
左右対称なので、くっつけてしまいました。


大昔に自作したバキュームフォーマー。
「NOMOKEN野本憲一モデリング研究所」という本を参考に作ったもので、元はヒゲのプラモ怪人こと小澤勝三さんが考案されたもの。
吸引力を上げるため、テープで無駄な穴を塞いでいます。

バキューム!!!

まだ試しなので、手元にあったクリアオレンジの塩ビ板で。本番はもちろんクリアで成型しますよ。

成型したパーツを適当にカット。


ボディに装着!うん、狙い通の装着感。
 
現状だと歩留まりが悪い(材料の無駄が多い)ので、枠を小さくするなどして無駄を少なくしていきます。

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...