2013/08/27

ありがとう J'Speed!

■追憶
宇都宮のRCサーキットJ'Speed。思えば、学生の頃初めて寄ってたのが最初で、たぶんその時の店員さんが今の店長さん。縁あって栃木に引っ越してきから十数年、R/Cのいろんな楽しみ方を満喫させてもらいました。


そのJ'Speedが当面の間休業されるのを知り、最後の日にちょこっと走行してきました。
 
■J'Speed由来のR/Cたち


持って行ったのはオプティマミッド、F103、M300、TC4の4台。どれもJ'Speedがキッカケなクルマたち。肉汁尽きるまで思いっきり遊びたい所ですが、強烈な気温と日差しのため、各車バッテリー1本づつ。
 
■オプティマミッド
まずはオフロードコース。店長さんとお客さんによる力作。ギャラクシーで走った際のレポートはこちら




J'Speedの旧車パーツ販売によって甦ったオプティマミッド。タイヤはあえて当時の。プロポも当時使ってたマシーン1。我が家にあるホイラープロポで一番手に合ってたりします。






セッティングも何にもしてないのに、すげ~良く走る。ギャラクシーとは逆に記憶の数段上の印象。路面に遊ばれることもなく、バネ上姿勢をキレイに保ったまま走る走る。
27Tローター+ニッカドバッテリーも、このコースでは適度な刺激と走行時間でした。
 
 
 ■アソシTC4FT
オンロードコースに移って次はツーリングカー。ここで初めて走らせた時はOVAのCOCOONかKモデルスのKRF-TBEVKaiだったかな。

 
コースレイアウトこそ通い始めた当初と変わったものの、ここには沢山の思い出があります。
 

クルマは数年前にJ'Speedのレースに使っていたアソシTC4FTそのもの。TC4FTの前はPHOTONやScytheも使いました。
レースはリアルボディ、ニッカドバッテリー、48Tモーター、500円タイヤという穏やかなレギュレーション。

好きなシャシーと好きなボディを組み合わせ、「勝ち」だけが「価値」ではないレースを楽しみました(そもそも勝てないし)
お子さんや入門者がレースを見ても「これなら出来るんじゃね?」と思えるスピードのレース、そして女子が仕切るレースは貴重でしたね。ホントお疲れ様でした。

■F103
寒~い冬の帰り道、ふらっと寄ったJ'Speedで試走させてもらってから再びハマったF103。スキール音が聞こえるほどグリップしてたのは今でもよく覚えてます。

その後、FRF010(F103のコンバージョン)を入手。それ以来今に至るまでハマリ中。そのおかげでFRF010はインナーボディを付けられこんな姿に。


タイヤは店長さん作。せっかくなので履いてきました。そういえば試走させてもらったF103もフェラーリボディでしたね。本日も気持ちよく走れましたよ。

■M300RSX
自分にとってJ'Speed抜きでは語れないお気軽トゥエルブ。



まだ1/12をトゥエルブと呼ぶのが気恥ずかしかった頃、お気軽に楽しもうと380モーターとタムギア用バッテリー、ESCを組み合わせてあーだこーだと楽しんでました。Airlve(エアルブ)なんて名付けてみたり、こんな映像も作ったり。

こんなユルい遊びを許容してくれたのもJ'Speedの良い所。いろいろアドバイスも頂きましたね。

今日のシャシーは当時使ってたM300RSXの後継車M300RSX Ver2。バッテリーもニッケル水素からLiFeへ進化。


当時はテスト用だからと白塗りでしたが、今日は伊太利屋956(RM-01用ボディベース)を載せ軽やかに走行。


■またどこかで
いろんなR/Cを自分のペースで楽しめたのがJ'Speedというサーキットだと思います。自分がもっと歳を重ねてトレンドに合わせられなくなっても(すでにか?)、ここなら長く楽しめると考えてました。

オフィシャルHPのとおり休業されますが、次の展開もあるかも(?)なので続報を待つとしましょう。
 



ありがとう J'Speed!
 

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...