2013/02/06

サーパント 950R







斬新だったベクターNT、VETEQと異なった趣きでリリースされた950。その正常進化(マイチェン?)版が950R。
サーパント車であることが疑いようのないフォルム。
画像のインボードサスはオプションで、本来はオーソドックスなダンパー配置になります。一時期、インボードサス車を集めてたため後からクランクを追加投入したんです。




スロットルサーボも横置きになります。アッパーデッキにサーボ搭載スペースが切りかかれていないため、やや幅広い印象。









サスアームとダンパーを仲介するクランクは削りだし。一筆書きで削れる形状でないところに拘りを感じます。その分高いけど、ビジュアル的にも付ける価値は十分。
アッパーアームが小振りになってます。





エンジン横にはカーボンのステフナーが付きます。VETEQで得たノウハウだと思われますが、随分サッパリしました。



ボディマウントを含めてリアサスは現行型との差異はパッと見わかりません。




インボードサスを標準採用しなかった理由は不明ですが、確実にインボードサスが似合うようにデザインされてると思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...