2012/11/13

F103:D-Driveモノコック①入手と切削




■今でも買えるモノコック
D-Drive Sports × FIELD ONEのコラボによるモノコック。数年前に発売され個人的には盛り上がりました。なにせモノコックらしいモノコックの販売はHPI製以来。
と、言いながら買いそびれ。先日、D-Drive Sportsさんに伺って、FIELD ONEの通販サイトで入手です。
長いノーズから自然につながるサイドポンツーン。F1らしさが際立つフォルム。ボディを載せるのがもったいない?
素材はカーボン強化樹脂。R/Cカーではお馴染みのシルバーがかった黒です。写ってないけど、アッパーデッキとTバーのブリッジ2個も付属。





両サイドには2社の名前がモールドされてます。これだけでディスプレイモデルとして通用しそう。実際1週間ほど部屋に飾ったし。



十分なルックス。よくこんなモノを!と思いながら眺めてるだけでも嬉しい。こんなにワクワクする製品は久しぶり♪
(早く買えば良かった)

■すいませんが削ります





サテライトツールスのタイラーでモールドを削ると同時に、各部を適度に平面出し。うん、走行に全く影響ない作業っすね。
この手の作業にはタイラーがホント最高。当て木だと消えてしまいがちなエッジも、タイラーを使うとピシーーィッとします。

あと、エアインテーク後部(ダンパーが通る上)は線が滑らかに繋がるように形状を変更しました。2回目を作ることがあったらもっと冒険したい。





かな~りゆっくり推進中です。

フィールド・ワン オフィシャルオンラインショップ

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...