2012/10/28

M300RSX:D-Drive sportsで走る













■故郷にある聖地
DDといえば横浜のD-Drive sports。F103救済計画などDD人気の立役者。
故郷からD-Drive sportsへは20分くらいで、高校なら同じ学区という近さ。意外にも今回が初走行(R/C持って帰るの大変だから)

■タミヤ ポルシェ956ボディ(RM-01用)
これ楽しいっすね♪
小学生時代のワクワクドキドキを思い出しました。走る模型、実車があってR/Cがある感じ。オンロードのラジコンってこんなのでしたね。ココロホッコリ。

こんぺハウスさん達の波に便乗した物ですが、これは便乗して大正解!


改修したウイング部分も走ってると、けっこうショートテールに見えます(親バカ目線)。カミでチューンしたライトはウレタンバンパーを外し忘れて自らクチャっとさせましたが指で修正。紙ならでは。


■斜め切りトゥエルブボディ
リアが安定していて操縦が楽。悪く言えばアンダーですが、繊細なコントロールもいらないので、入門にはオススメです。安価なのでクラッシュしても気が楽ですし。基本こちらで練習(数ヶ月ぶりなので目と指が追いつかない)

ただ、D-Drive sportsに来て、ちゃんと塗装しようと猛省しました。



■これでも遊べるトゥエルブ
 

今回のレシピはM300RSX ver.2、380モーター、LF1100、タムテックギア用ESC。タイヤは前後ともタミヤ製RM-01用ブチルスポンジタイヤを貼っただけ。目標通り「塗らない、削らない、選ばない」
確実に速くないんですが楽しめます。ESCはこれ以上であれば大丈夫。たいがいのプロポセットにはもっと良いのが付属してますよ~

受信機のTバー上置きは、先輩から教えてもらった気がします。この楽しみ方なら問題なし。LF1100用ホルダーもOK。

■さすが聖地

フラットでグリップは高いし、コースも面白い。縁石もリアル。タイヤセッターもある(今回は使ってないです)
ラジコンの「楽しさ」を提供してくれる&思い出させてくれるサーキットっすね。
超短時間だったけど行ってよかった。

プロテン仕立てるかなぁ。

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...