2011/09/26

DMT:Li-Fe用にメカボックス加工


受信機用電源はLi-Feを使ってたんですが、標準のメカボックスが狭くてピッチピチ。交換するのも一苦労。
今回、ケーブルやコネクターの置き場すら困るくらいなので加工しました。
分かり難いので、加工した箇所を赤くすると、
メカボックス内の隔壁を上だけ残しCUT。おまけでケーブルの取り回しに無理があったスロットルサーボのケーブル出口を開口。
それでもピッチピチ...とはいえ加工前より出し入れはずっと楽。

このメカボックス、防塵性は厳しいです。上面はそこそこなんですが、下面の2つの大きな穴からゴミが入りまくり。
作り変えたいんですが、とりあえずアルミテープで塞いでます。
ついでにステアリングとスロットルサーボをサンワのERG-VXに交換。トルク13kg・cmと十分過ぎるスペック(電流消費がちょっと心配)

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...