2010/07/26

田宮模型 ポルシェ956

田宮模型のレーシングマスターMK.5、ポルシェ956。

当時は、高価なロスマンズと、安価なニューマンが販売されてて、私はニューマンを買って公園で友達と遊んでました。

956、トムス84C、カンナムローラ、ホンダF2、ラルト、312T3がいつものメンバーでしたね。今でもほとんどのメンバーと連絡をとれるのが自慢です!

今はESCのおかげで走行不能になる前にスロットルから停止しますが、当時のBECシステムは電圧が下がると、ステアリングとスロットルのサーボが容赦なくノーコンに。

子供の頃はただひたすら楽しくって、バッテリーがタレてきたなんて判断できませんから、いつもノーコンになって慌ててました。

シャシーはFRPのダブルデッキ。今でも好きなデザインっすね。
サイズは現行のトゥエルブよりやや大きめです。スピコンは巻線抵抗式。
フロントサスはコイルスプリング式。良し悪しなんてわからず遊んでましたから、セッティングなんて言葉は存在しません。
リアサスもコイルバネ。いちおう減衰させるためシャフトにゴムリングがかませてあります。もちろん車高調はないです。

デフはギア式。スルスルというかクルクルです。
ロアシャシーは、Tバーではなく、前から後ろまで一体のもの。FRPなので、しなやかに動きます。

ロスマンズとニューマン(トムスと同じ)で形状が違ったはずです。これはどっちかな...モーターもオリジナルではないです。本来はブラックモーター。

これは、私が実際に小学校時代に使ってたボディです。懐かしい~

ライトがスッカスカだったり、黄色の上から黒を塗ったり、左右でマスキングを間違ったり(このアングルでは見えませんが)と、さすが小学生!

シャシーは後から買い直したものですが、ボディを載せると愛着がわきますね。


当時は、迷うこともなく、ホントただひたすらに楽しかった。操縦はメチャクチャでしたが、あの頃の「楽しさ」まで行けたら最高です。

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...