2008/05/04

川田模型 アルシオンⅡ ULTIMATE


”ULTIMATE”=「究極」「最高」を意味する言葉。
私にとっては本来の意味より、格闘技アルティメット初期の「何でもあり!」というイメージが強いです。
川田模型アルシオン・シリーズの最終形「ULTIMATE」も、格闘技と同じイメージ。もう、何でもあり的な。
アルシオンの特徴だったBOLTフレームの取っ払い、直線的なデザインは有機的なデザインに変化。バッテリーもグッと前に移動。
「究極を求めた感」がヒシヒシと伝わってきます。
複雑な形状のスタビ。Ⅱから採用された曲線的なバルクとの対比が絶妙。
スキッド変更もサスホルダーを回転させるだけで超簡単♪
回転させることでスキッド、トーを変化できるサスホルダー。削りだしパーツの美しさは川田の真骨頂。
ゲパルト」や「ヤクトミラージュ」を彷彿させる、高くそびえ立つジュラルミン製アップライトが刺激的!
川田のホビーショー発表新製品はDDのオンパレード。
M300GTのGT-RにNSX、そしてF103コンバージョン。DDファンとしては最高の品揃え。
でも、いつかアルシオン、シグマのような川田イズム満載のツーリングも出して欲しいっす。

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...