2008/02/11

Generation X~組み立て⑦

標準のボディマウント位置では、ツーリングボディが載せにくいので、リアボディマウントのプレートを作成しました。
素材はテトラのカイダック板。京商のカーボンステッカーを貼ってます。
カーボンにしなかった理由は、壊れて欲しかったから...というと?ですが、コケた際に重要なパーツを壊さないためのヒューズになって欲しいという考えです。

取り付けると、こんな感じになります。
Cカー用のボディマウントなので、ボディに届きません。長いのを買わなければ~
昨日、「アンプをLRPに変更」と言ったにも関わらず、もうタムギアアンプに変わってます。
やはり、「エアルブは小型RC用アンプ」という基本コンセプトを崩すのは良くないなと思い、元に戻しました。
今見ると、モーターの赤銀の大ざっぱなストライプも微妙。楳図 かずお先生みたいです。グワシ!

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...