2008/01/28

Generation X~組み立て④

これからシャシーを作り直します。
今回もホイールベースを伸ばすだけなので、図面は描いてません。
カーボン板に紙のインクジェットプリンタラベルを貼り、元々のシャシーをガイドにしてカットラインと穴位置をトレースしました。

傷が気になる方は両面にラベルを貼ると良いと思います。今回はシール側を表にするので、裏には貼ってません。 



 
ドリルの刃はkimihiko-yano.netさんで扱っているniftecのインチサイズ。皿加工用の刃とセットです。
ミリの穴の場合はKOSEの刃を使ってます。
どちらも切れ味抜群!カーボンがベニヤのようにスコンスコン抜けます。

私は元々のシャシーを重ねて、穴がズレない様にガイドにしてます。元々のシャシーを傷つけないよう、ここは慎重にやってます。

穴あけ&皿加工の後は、ダイヤモンドカッターで切り出します。その時、掃除機の口を近づけて、粉塵を吸わせながら作業させると、粉だらけにならずに済みます。

また、作業時には目の保護具があったほうがいいっす。今回、カーボンの破片がメガネを直撃しましたので。怖い怖い。

無理してギリギリまで攻めなくても、後でヤスリで整えれば良いので、まずは安全第一で。

切り出したら、リューターとダイヤモンドやすり(安物でOK)で、ほどほどに成型。
その後、#120の紙ヤスリをフリスクの空き箱に巻き、お湯(寒いから)につけながら端面を処理します。
この作業で、ほどほどの成型だったものが、あらかた綺麗に見えるようになります。後は瞬着っすね。
 まだサーボの穴が空いてませんが、期せずして、板厚違いのシャシーができました。 
やっぱGenXには厚いシャシーの方が似合いそうです。

そんなこんなで、グズグズしてたらCRCからGenXベースの1/10DDカー「GenX10」が発表されました。
バッテリーレイアウトが!!

2 件のコメント:

  1. どーも、ポコです。
    自作ですか~
    私には到底まねできません(苦笑)
    いちあささんの独自のアイデアは
    感心しきりです(^^)

    返信削除
  2. いちあさ2008/01/29 7:50:00

    ポコさん
    こんにちは!
    自作といっても、結構アバウトです。
    ダイヤモンドカッター(ダイソーで100円)を使うようになって、ずいぶん気軽になりました。
    お時間があれば、ぜひ規定違反改造の世界へ!

    返信削除

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...