2007/09/12

M300RSX ~シャシー


まず、このような板を切り出します。

素材はテトラのカイダックプレート3mm厚。ABSでもいいかもしれません。
根性がないので、FRPやカーボンで作る気は全く起きませんでした。


相手がカイダックだと接着力が弱いです。
アクリルの三角棒(¥38)をアクリル用接着剤で接着します。

やっぱABSにすれば良かったかも...



これで完成っす。
このままじゃ見栄えが悪いので、京商のDフレックスカラーデカール・カーボン(¥600)でドレスアップ。接着部の補強にもなります。






M300RSXに装着。これでパックバッテリーが載ります!

エクセルX:ID(クロスアイディー)を見て、その昔、サトーホビー加瀬サーキットでトゥエルブにストレートパックを載せていた人を思い出しました。
ネタ元はこの2つです。
普通にパックバッテリーを載せるなら、ストレートパック専用の川田模型のM300SXや、テックのDD-Rがいいですね。
でも、今回は更なるレーシーな雰囲気(雰囲気だけです)を味わいたくてM300RSXにしました。

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...