2013/02/05

サーパント ベクター







自分がR/Cに復帰した頃はGPが流行で、雑誌では毎月のようにGP10特集が組まれていました。そんなGP10の嵐が吹き荒れる中でも1/8GPレーシングはGPオンロードのトップカテゴリーとして君臨し続けていたのが嬉しかったですね。
で、当時のレース結果に常に名を連ねていたのがベクター。もう王者ですね。年式により○○SPECとかありました。これは98かな?




前モデルのエクセルからググッと若返った感じがします。



見た目も、レースも「強い」一台。サーボとバッテリーの配置以外はあまり古さは感じませんね。






サーボは吊り下げ式。サーボを上下させてもトー変化を調整できます。現行型と見間違えそうなサスが完成度の高さを物語ります。


スタビはまだ丸棒です。パープルアルマイトのエンジンマウントが当時のサーパントの証。



ボディマウントのリンク以外、リアサスも今と大きく変わる所はなさそう。


王者の迫力が伺えるアングル。名車と呼ばれるに相応しいクルマでした。

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...